あたまに花をさかせる

楽しかったことを書く

ヒプノシスマイクどれ見たらいいのってお話

ヒプノシスマイクはどの動画がおすすめ?

ヒプノシスマイクのCDはどれを買えばいいの?というご質問をいただいたのです

 

公式チャンネルの動画を古い順から順番にみるといいよ!

Channelヒプノシスマイク - YouTube

というのが最適解だと思うのですが、趣味で下に詳しく書きます。

 

 

おすすめの動画

まず、これを見ます。

youtu.be

 

気になるキャラクターがいたら、チーム別のPVを見てみましょう
背景の色(赤・青・黃・灰)で判断してもらえればOKです

 

 

キャラの背景が赤くてなんか英語が書いてある

→彼はイケブクロのイケてる三兄弟の誰かです。PVはこちら

youtu.be

 

キャラの背景が青くてなんかドクロが書いてある

→彼はヨコハマのクールなマッポかヤクザかネイビーのどれかです。PVはこちら

youtu.be

 

キャラの背景が黄色くてなんか英語が書いてある

→彼はシブヤのキュートな作家か乱数かギャンブラーのどれかです。PVはこちら

youtu.be

 

キャラの背景が灰色でなんか漢字と狼が書いてある

→彼はシンジュクの中毒性の高いホストか医者か社畜のどれかです。PVはこちら

youtu.be

 

 

ラップはだいたいわかったので、人となりを知りたいのだ!というご要望にお答えして、公式チャンネルはドラマCDの試聴も用意してくれています

ヒプノシスマイク「イケブクロ・ディビジョン Buster Bross!!! Drama Track① 」from 「Buster Bros!!! Generation」(第一弾CD) - YouTube

ヒプノシスマイク「ヨコハマ・ディビジョンMAD TRIGGER CREW Drama Track① 」from 「BAYSIDE M.T.C」(第二弾CD) - YouTube

ヒプノシスマイク「シブヤ・ディビジョンFling Posse Drama Track① 」from 「Fling Posse-F.P.S.M-」(第四弾CD) - YouTube

ヒプノシスマイク「シンジュク・ディビジョン麻天狼 Drama Track① 」from 「麻天狼-音韻臨床-」(第三弾CD) - YouTube

 

それぞれのチームが結成されるまでのお話がまるごと無料で聞けちゃう!

公式太っ腹~!試聴で聞けないほうのドラマトラック2は仲良くなってからの話が収録されています。

 

どのCDを買えばいいの~?に関しては

案1 気に入ったラップが入っているCDを買う

案2 仲良くしてるボイスドラマが聞きたいチームのCDを買う

案3 Battle CDを購入して推しのディビジョンに投票する

   ※投票権は初回製造分のみ

のどれかかなっておもいました!

なお、Battle CDはイケブクロVSヨコハマが発売中

youtu.be

 

シブヤVSシンジュクが7月18日発売

youtu.be

バトルの詳細 

NEWS | 男性声優キャララップバトル『ヒプノシスマイク』オフィシャルサイト

 

 

 

以上です!

H30.6.25 舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰(ネタバレ)

平成30年6月25日(月)12:30の回。京都劇場で観劇してきました。

以下、ネタバレご注意ください。

 

刀剣乱舞はゲームをやってて、虚伝、義伝、ジョ伝と観劇しています。

今回の悲伝が集大成ときいて、見てきました。

集大成が「悲」なのはいかがなものなの!?と、事前にめちゃめちゃはらはらして、終演後は、まんまと悲しくなりました。

三日月!三日月おまえ!もっとまわりを頼って!頼ってもどうしようもないのかもしれないんですけど!

 

ストーリーについて

虚伝のときに、初演と再演で三日月の芝居の仕方が違うという点から、三日月だけ同じ時間を繰り返しているのではないか?これからくる悲劇を乗り越えられるように本丸を導いて強くしようとしているのではないか?ということを友だちが言っていて、私は「まっさかー」て笑ってたら本当にそうでした。謹んでお詫び申し上げたい。

 

キャラクターについて

鈴木さんのお芝居はすごくて殺陣も重くて速くて、何度も円環を繰り返しているせいで、刀剣男士を超えて強くなってしまった三日月にすごく説得力がありました。

山姥切以外のみんなに斬りかかられるシーンで、みなを打ち負かしてしまった後の「俺を、折るのではなかったか!」が最高に悲しくて怖くて最高です。殺陣がすごい。三日月の衣装は着物だから袖がふわふわしてるのに、もろともせず殺陣をするのが最高にかっこよかったです。

虚伝のときに、だれか三日月の心によりそってあげて!って思ってたんですけど、今回、小烏丸さまと骨喰が寄り添ってくれてよかったです。

でも、三日月は円環から逃れられなかったのでやっぱり悲しいです。

山姥切国広と最後に戦うときに、小烏丸さまが「新参はてをださない」って言ってたんですけど、すべての刀剣の父であり、勘が鋭くて優しい小烏丸さまは、ゲームで追加の刀剣男士である以上、本丸の初期から存在することはできないので、もしかすると、何度も繰り返される時間のなかでも、いつも新参ゆえ三日月を救う役回りになれないのかもしれないなあと思いました。毎回、小烏丸がああいう行動をするのかはちょっとわからないんですけども。

玉城さんの演じる小烏丸は優しくて優美で声が良くていつも三日月のことを気にかけていますよってお芝居からめちゃくちゃ伝わってきて素晴らしかったです。

鈴木さんも玉城さんも小柄なのに貫禄がすごいなと思いました

骨喰の三日月への寄り添い方、最高でしたね。あまり口数が多くなく、記憶が無いことをわりと気にしている骨喰ですが、理由がなくても三日月を信じてくれて、あと抱きしめてくれてありがとう!って思いました。

三日月は同じ本丸で同じ時を繰り返してて、本丸襲撃のときに「またこの時が来たか」っていっていたので、本丸襲撃までは確定事項なはずなんですけど、同じ時を繰り返していても細部は異なるっていうのは虚伝の再演と初演で現れてるので、今回、骨喰がついてきて、三日月を抱きしめたのは毎回そうだったのかもしれないし、そうじゃなかったのかもしれないけど、三日月の救いになってたらいいなあ!

あと、骨喰といえば大般若さんですよね!あまりにも優しい!

骨喰についてきてくれて、介錯を頼まれた骨喰に「俺がかわろう」と申し出てくれたあのシーンが最高でした。どっちが骨喰のためになるとかそういうことではなくて、骨喰が泣いているからかわってくれようとする優しさ先行のあそこがほんとにすきです。川上さんは声をすごく三木さんに寄せてくれていましたね。

大包平がとても大包平で、鶯丸がすごく鶯丸で最高でした

大包平の天下五剣をすばらしい刀だとみとめているまっすぐさは、悲劇のなかできらきらとかがやいていましたし、今回わりと考え込んじゃうタイプの刀剣男士が多かったんですけど、大包平の勢いの良さは救いでした。三日月が裏切ったかもってみんなが混乱しているときに大きな声で自分の主張を言うところがほんとに好きです。そして、大包平のまっすぐさをときに好きにさせ、ときにフォローしつつ楽しんでいる鶯丸の距離感がすばらしかったです

加藤さんも前山さんも体格差から仕草まで、大包平と鶯丸でした。ふたりが時間遡行軍と刃を交えるときに、鶯丸は軽やかかつ鬼気迫る様子で、大包平はパワータイプの押し切りで戦う姿が最高でした。

鶯丸が「古備前の兄弟」ってよんで、大包平が普通に受け入れているのが好きです。

燭台切は今回、ひとりで悩み、ひとりで答えをみつけてたのでかっこいいなあ!と思いました。義伝でも貞ちゃんに「刀の本分わすれたか」って聞かれて、今回は歌仙さんに「本分忘れてないか」って指摘されて、もしかするとこの燭台切は言ってたように戦うことよりもてなしのほうが好きなのかもしれないですけど、最終的には刀としての実力をみせつけてたので良かったと思いました。でも私が一番好きな燭台切は、虚伝で「こんなものじゃないだろう?長谷部くん」って上段から刀を容赦なく押し込んでた燭台切です。東さんの手足が長くてかっこいいです。

歌仙さんは抜群の安定感ですよね。雅と風流って芯がしっかりしているので、いつだって自分の基準で物事を判断する眼差しが確か。和田さんの殺陣も重心が低くて速くて安定していてかっこよかった。羽織の裏地の花がらが、ちらちら見えるところが歌仙の造形の最高さですよね。

鶴丸も羽織がふわっふわなるところが軽やかでかっこいい殺陣だなあと思いました。黒甲冑に「物が主を気取るとはおどろきだなあ!」って切りかかっていたところがすごくかっこよかった。

 

日替わりについて

軍議のときに、三日月が懐からせんべいをとりだし、山姥切にさしだして拒否された後、自分でそのまま食べてしまう、という場面がありました。

山姥切は「なぜ食べた」って聞いて、三日月が「なぜだろう」って言っていたので最高に面白かったです。会場みんな思ってた!なぜ食べた!

その後、三日月さんがお茶のはいった湯呑を取り落とし、車座になっていた刀剣男士たちが「だいじょうぶ?」みたいな雰囲気になっていたのも新鮮でした。あれ、お芝居の一環なのかな?ふつうに取り落としたならめずらしいものを見た。

 

物語の謎について

なんで三日月さんだけぐるぐる円環を繰り返しているのかが最後まで謎でした。

歴史の糸が三日月によって絡まり合ってしまっているから、三日月を刀解または破壊することで結び目をなくそうとした。

三日月がいなくなることで歴史の糸の絡まりは解けて、あの本丸が未来にすすめるなら悲しいけどそれはそれで価値のあることですが、最後の山姥切との戦いをみるにそうでもなさそう(何度も手合わせをしているっぽい)なので、三日月はまだ最初から繰り返してますます結び目がからまってしまうのでは~?と思いました。

本丸がなんらかの事情で壊滅するたびに、三日月さんが、ループをくりかえして、この本丸が未来に進めるように、虚伝で山姥切に発破をかけたり、義伝でやっぱり山姥切に助言したり、ジョ伝で山伏を破壊から救ったりしているのかなとも思ったんですけど、その結果として、三日月宗近特異点となり、本丸への直接の攻撃をゆるしてしまったとしたら、ひどいはなしだあんまりだ。

今後、刀ステが続くのかわからないんですけど、できたら、山姥切国広には今回の約束を果たしてほしいなって思います。

虚伝で「美しいと思う心が月に宿る」っていってたみたいに、真っ白になりながらも約束だって言った三日月の思いが、山姥切国広にうつって、新しい物語をつくってくれたらいいなあって思いました!

 

悲しかったけど楽しかったです!ライビュも楽しみです!!

 

ヒプノシスマイクに一日ではまった

コラボカフェで8万のシャンパンタワーを出すヒプノシスマイクというのがあるらしい、と聞いて、「へー、すごーい」と興味は持ってたんですけど、CD中心のコンテンツってどうはまって良いのかわからなかったんですよ。

 

で、そんな折に、この動画が流れてきまして 、視聴した途端、夢中になりました。


ヒプノシスマイク Division All Stars「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」

 

びっくりしました!歌がうまい!!

ラップってこんなにバリエーション豊かでかっこよかったんですね!

ヒプノシスマイクのキャラクターも世界観もほとんど全然わかってなかったんですけど、楽曲にときめきすぎて一気にきゅーんって感じでした。

終始『えっ!?歌うまいね?だいじょうぶ!!??声かっこいいですね!あっ!かわいい方もいるんですね!あっ!そんな早口で!えっ!?なんか呪文の詠唱してるみたいな人もいるんですね!』って心が忙しい。

 想像してた以上に楽曲が好みでした。

ヒプノシスマイク、世界観難しいかもと思ってましたけど、楽曲から入ればよかったのか。

沼の入り口はここだったんですね。

 他の楽曲も聴いてみたい!CDを買いに行く手間も惜しい!今すぐ聞きたい!!そうだ!お急ぎ便だ!!すぐに届けてアマゾーン!!とAmazonを開きましたところ、ストリーミング配信されていた上に、プライムミュージックで聴き放題という僥倖。

ありがとうAmazonプライムお急ぎ便しかつかっていなかったけど、これからはミュージックも聞きます!

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」キャラクターソングCD1「Buster Bros!!! Generation」 イケブクロ・ディビジョン

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」キャラクターソングCD1「Buster Bros!!! Generation」 イケブクロ・ディビジョン

 

 イケブクロとヨコハマとシンジュクは、プライムミュージックで聞けたんですけど、そうなってくるとシブヤも聞きたいので、Amazon Music Unlimitedの30日間無料お試しに入会して聞きました。

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」キャラクターソングCD4「Fling Posse -F.P.S.M-」 シブヤ・ディビジョン

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」キャラクターソングCD4「Fling Posse -F.P.S.M-」 シブヤ・ディビジョン

 

 

 ボイスドラマも収録されていて、それを聞くと俄然、キャラクターにも興味が湧いてきたので、ここでやっと、公式HPでキャラクター設定をじっくり読みました。

 

hypnosismic.com

 物質として手元においておきたい欲もでてきたので、CDを注文するのも時間の問題ですね!

楽曲→ボイスドラマ→キャラクターという順番で履修することで、無事、ヒプノシスマイクというコンテンツを楽しめる土俵に乗れました。わーい!!!これから楽しみです!

実写版鋼の錬金術師おもしろかった

実写版鋼の錬金術師がおもしろかったお話

原作読んでる。第一期のアニメ見てる。
鋼ジャンルには五年いた。

ネタバレ感想です。


実写にしないでほしかったけど、実写になったなら見に行くしかない。
映画の日に見に行ったので、1000円に対しての感想です。

総じて面白かった。ゼロ巻目当てで行った人は見て帰ってもまあいいのではないかなと思った、

顔は人間なので、どんな美形であっても違和感があるのは仕方のないことだと飲みこめば、シルエットの再現がよかった。

漫画のキメのコマや見開きなどを再現しようという気概が感じられたし、冒頭のリオールで槍を錬成するところのあおりのシーンとかかっこよかった。

真理を見に行くところや、アルが持っていかれるところの超常現象的な表現は、CGでござい!という感じなので目を閉じてるといい感じだった。

絵じゃなくて実写で見ると、10才と11才ってめちゃくちゃ幼いということが身にしみた。
あれを初対面でちゃんと叱り飛ばしたマスタング大佐はだいぶきちんとしたとした大人ですね。(このシーンは映画にはない)

風景がほんとによい。かなりきちんとファンタジーに寄せてる。構図もとっても原作っぽい。
一方で、役者の芝居はリアル寄り(漫画的な表現を人体で可能な範囲に抑えてる)なので、そこに違和感はあるかなあ、と思った。なんだろう、そこで生活してる人たちなんだなーという納得感は薄かった。
リオールは、特に屋外だったからかもしれない。
室内のシーンは気にならなかった。タッカーの家の中とか軍部とか。

前半、マスタング大佐がなぜか機嫌がわるいのでそこだけ不思議だった。
大佐に夢見てるから偏った見方するけど、大佐は力いっぱい叱り飛ばすか、しれっとした口調で痛いところをチクチクついていくかするタイプなので、普通にイライラしてるタイプの大佐めずらしいなって思った。
原作大佐、一期アニメ版大佐、フルメタ版大佐に加わる新種の大佐ですね。大佐はわりとメディアミックスすると振れ幅大きい気がします。

ストーリーは、ニーナの話を中心に、幼少期の人体錬成、第五研究所、ヒューズの話、マルコーの賢者の石、人間兵器のエッセンスをぎゅっと詰め込んであった。

ニーナの話を主軸に、タッカーが「目的のためになんでもするって言うのはこういうことだ!」って突きつける役で、それに対するエドワードの姿勢を問うみたいな部分をメインにおいたストーリー展開だった

原作だと、その話は2巻で終わってて、そのあとの人の命は犠牲にしないぞ!と決めたエドとアルの冒険譚をずっと見てきてるので、エドが最初「弟のためならなんでもする」って言ってた時、違和感だったけど、第7話までのエドワードはそうだったかもしれない。記憶を失って1巻から読み返したい(無理です)

ストーリーは、必要な部分を選んで上手く組んであるなと思った。

ただ、エドワードが、弟のためならなんでもする→ただし人の命は犠牲にしない に考えが変わるまでに1時間程度しかないので、なんでもするっていっとったやんけ!と一瞬突っ込みを入れてしまった

ウィンリィを危ないところに連れて行ってるって感想をどこかで見たんだけど、どこがそうだったのか気がつけなかった

東方司令部に来たのはメンテナンスのためだとおもうから、マルコーのところに着いていかずにリゼンブールにかえればよかったってことかな?

たしかに、ウィンリィイーストシティにいたせいで、タッカーに人質に取られちゃったから、おっしゃるとおりかもしれない。

缶詰工場に着いていったのはエドワードから離れると危ないからで、第五研究所にはタッカーにさらわれていったからやむを得ないからだし。うーん。

第五研究所といえば、ウィンリィが急にアルフォンスの鎧の中から出てきたからびっくりしたけど、画面の外でのアルフォンスの奮闘がうかがえてよかったです。

囚われのウィンリィとアルフォンスのいる部屋の天井から人形兵が落ちてきて、人に噛みつきはじめたから、鎧の中に入れて守ったってことですよね。鎧のただしい使い方だって思った。フルアーマーの防御力はすごい。

最後の人形兵との戦いは、錬金術が炸裂して、非常にエキサイティングでよかったです!
焔の錬金術えげつないね!すごいね!でも、危ないね!火事にならないのすごいね!

戦闘シーンで思ったのは、冒頭の戦闘で、勢いよく伸びてきた土柱にぶち当たったってもわりとだいじょうぶだったので、実写版鋼世界での致命的なダメージの基準がよくわからなくなり、この攻撃は命に関わるのか?そうでもないのか?とハラハラ度が下がってしまった

多分、落下とか追突とかの衝撃ダメージが低くて、刺したり切ったり燃やしたりのダメージは我々の世界と同じなのかな?
漫画的表現むずかしいね。

ところで終盤、マスタング大佐に罪をなすりつけて、ロスに変身してたエンビィですが、マスタング大佐を軍の人たちが追い詰めたときに、焼死体のふりしたまま横たわっておくと、大佐が逮捕されて、めでたしーなのでは?とちょっと思った。

エンビィが変身してみせながら、色々お話ししてくれたので、マスタングの容疑がどんどんはれていっちゃう!とホムンクルスに肩入れしてはらはらしてました。

あの場面では、マスタングの息の根を速やかに止めないとまずかったのかな?

ヒューズ殺害から犯人死亡まで、ほんの数時間程度のスピード解決だったので、大佐が恨みを募らせる間もなくさくさくっとラストとエンビィ倒したのは、大佐の精神には優しかったかもしれない

エンビィいいところないです!
エンビィ目当てで見に行こうとしてる人がいたら全力で止めたい


そういえば、アルフォンスの声、よかったです!
ほどよくかわいい少年声だった。
CGも違和感なかったし、アルフォンスはよかったです!

役者さんも女性陣とてもかわいかった。
ウィンリィは生粋のアメストリス人(金髪碧眼)がとても大事な要素なので、茶髪なのはかなしかったけど、実写版鋼の世界では、生粋のアメストリス人は、茶髪茶目なのかもしれない!きっとそうだ!
と自分を納得させました

イシュバールの話は、戦争があったよって情報が提供されるだけなんで、気にならなかったのかもしれない。

最後に、ラストが、人間みたいに死ねるのねっていってたけど、ラストって人間になりたかったのかな?エンビィは人間めっちゃ見下してるけど、ラストってどうだったかしら?と、そこは疑問に思いました。

あと、ニーナめちゃくちゃかわいいので、タッカーのやろう!ぶっ飛ばす!という気持ちになれてよかったです。アレキサンダーもかわいかった!

散漫な感想ですが、私的には楽しめました
実写化バンザイ!とはならなかったけど、これをきっかけに原作が盛り上がるといいなー
原作おもしろいからよんでほしいなー

おしまい!

H28.11.11 活撃 刀剣乱舞〜秋天の抄〜

 

とても楽しかったので書く。

活撃刀剣乱舞は毎週リアルタイムで見ていて、ツイッターでフォロワーさんたちと悲鳴を上げながら見ていた。

絵がすごくきれいだったし刀剣男士はかっこよかったし、みんなすごく顔がよい。

審神者の行動とか、活撃世界のお約束事とかちょっと理解が追いつかない部分があったりして、みんなで喧々諤々話し合ったけどそんなところも含めてすごく楽しかった

 

なので、舞浜のイベントはとても楽しみにしていて、見に行ったら本当に楽しかった。

 

 

まず、舞浜アンフィシアターはこじんまりとしていて座席がゆったりですごく見やすかった

秋天の抄のメインビジュアルがステージ上のモニタにうつっていて、紅葉がひらひら待ってい画像が流れてた。

舞台の上にセットが組んであって、なにをするのか事前によくわかってなかったけどとてもわくわくした

女の子がいっぱいで、みんな楽しそうだった。にこにこしてて、みんな刀剣乱舞が好き(声優さんが好きって事も含めて)なんだなと思ったら嬉しい気持ちだった。

グッズもとてもかわいかった。

ロビーには出演者あてにスタンド花が来ていた。刀がさしてあるお花もあった。みんなすてきだった。

 

公演がはじまるまえにこんのすけが諸注意を話してくれた。新録の新規ボイスはとってもありがたかった。

公演が始まるといきなり朗読劇だった。

審神者が、第二部隊にいままでの記録を振り返らせるというイントロは総集編の入りとしてすごくいいなって思った

1話から13話をダイジェストで振り返りながら合間合間にキャラクターが感想を述べるかたちだった

テレビとかで見る総集編にちかいものを生で、大画面でみれるのはすごく嬉しかった。

生アフレコはやっぱり目の前でやってもらうと、圧があるなって思った

声優さんが5人舞台の上に立って、インカムでお芝居をしていた。立ち位置がどんどんかわっていったからすっごくうごくなってびっくりした。

召喚のシーンで桜が舞うエフェクトがあったり、川のせせらぎが光で表現されていたり、いっこの作品としてつくってるんだなって思った。

声優さんがでてくるアニメのイベントは、パネルトークとかがあって、コーナーの一つとして朗読劇をやるイメージがあったのでとても新しいなって驚いた。

私は昼の部をアンフィシアターで見て、夜の部をライブビューイングで見た。

生はもちろん素敵だったし、ライブビューイングは総集編がアンフィシアターより大きい画面で見られるのが魅力的だった。いいとこどりをしたと思う。

 

第二部隊のみんなが楽しそうでなによりだったし、堀川くんの後悔とか、審神者のきもちとか、聞けてわたしはとてもいいもの聞いたなって思った。

一時間ばっちり脚本がある朗読劇で、すごいものみせてもらったなって思った。

 

他に印象に残ったことを散漫に書く

昼の部 朗読劇で鶏鍋を食べに行ったときの様子をやった

夜の部 朗読劇でお見舞いの大福をみんなで食べる様子をやった

・むっちゃんにからかうように「鳥鍋食べたことないがか?」って聞かれて「たたた食べたことないなら、どどうだっていうんだ」って謎の大動揺をした薬研さんがかわいかった

・朗読劇で鶴丸にふれてたのは、冒頭で「鶴丸はどうした?」ってはなしになったときと、薬研が四話で鶴丸がたすけにきてくれた話をするときに「鶴丸……あいつは戦場では頼りになる」って言ってたとこです。あと大福

・夜の部の大福を食べる話は鶴丸が第二部隊の時間軸なので全員鶴丸の話して可愛かった。薬研さんは鶴丸が手伝ってるってことに対して「ちょっかいをかけてるがただしいな」って苦笑してたし、蜻蛉さんがみんなで食べると美味しい!って言ったあとに「今からでも鶴丸を呼んでくるか」って提案してた

・むっちゃんが「鶴丸、あいつ、意外と食べるにゃあ」って言ってて可愛かった

・大福の話をするときに薬研さんが「大福寺って言うのがあるのは知ってるか?」って蜻蛉さんをからかうき満々ではなしかけたくせに、蜻蛉さんが「大福寺!?」ってめっちゃ食いついたら「水を差すようで悪いんだが、名前に大福って着いているだけだぞ」ってすぐネタばらしをしててかわいい

・活撃薬研さん、根が善良すぎる。かわいい

・がっかりした蜻蛉さんに、むっちゃんが「近所には大福寺の大福をうっているところがあるはず!」って励ましてたのかわいかったし、まじで、第二部隊は、なんかこう男子高校生が戯れてるっぽくてかわいい

・昼の部ではけるときに「たいしょー!おれっちがんばったぞー!たいしょー!」っていう山下さんは大将をしとめる気だったと思う

・夜の部かな?で、四話の鶴丸がずるいという話をしながら「「おれみたいのが突然きて驚いたか?(声まね)」驚いたわ!!!!」ってひとりぼけ突っ込みをしていた山下さん

・朗読劇にでられなかった鶴丸ですが、サボってさにわの部屋でお茶飲んでる様子が新録されてたので愛を感じた。

鶴丸いないと、みんなが鶴丸の話をあんまりしないから、そこだけはちょっとさみしかった。

 

朗読劇のあとにすこしだけパネルトークの時間があった。事前に回答を集めてある形式で、さくさくすすんでとっても聞きやすかったです。ありがとうございます

声優さんにはあまり詳しくないけれど、櫻井トオルさんはすっごくフォローがうまいなあって見てた。メガネもかっこよかったです。朗読劇のときにメガネをくいってなおす姿がとっても素敵でした

 

総じてすごく楽しかったし、昼の部も夜の部もフォロワーさんと感想を言い合う時間をもてて嬉しかった。夜の部のあとは焼肉を食べました。おいしかったです。

 

H29.10.21大逆転裁判2「容疑者 夏目漱石最後の事件」

 

博物館明治村×リアル脱出ゲーム
大逆転裁判2「容疑者 夏目漱石最後の事件」に行ってきた。

レポというか感想。

ストーリーのネタバレはしないけど、演出については触れますし、参加キットの写真も載せます

 

超大型の台風21号が接近していたが、明治村到着時にはまだ小雨

傘を片手に明治村5丁目宮津裁判所法廷にて参加キットを受け取り、謎解きを開始した。

成歩堂コース」「ホームズコース」が選べたので、難易度の高い「ホームズコース」を選択。

手提げ型のクリアファイルに、冊子が3冊入っており、それぞれ、メインストーリー、副本、ヒント集であった。

クリアファイルの絵が可愛いので、すでに、大満足である。

f:id:yatimone:20171203130648j:plain

 

明治村を探索しながらの謎解きとはいかなるものか?と、疑問に思っていたが、メインストーリーの本がいわゆるゲームブックになっていて、

ゲームブックの謎を解く

②次に行く場所がわかる

③移動する

④その場所で次のゲームブックの謎を解く

⑤次に行く場所がわかる

これの繰り返して、明治村内を探索する。

なぞを解くと「副本の○○のページを見よ!」みたいな指示があるから、指定のページを開くと、正解なら、ゲームブックの次のページを開けって書いてあって、不正解なら、もう一度考え直してみましょう、みたいな台詞が書いてある。

うまいこと作ってあるなあと感心しきりだった。この手法ならメインのゲームブックに不正解の場合のページを作らなくていいから、薄くできるし、前から順にページを繰っていけばいいから、変なところ開けてしまってネタバレ!みたいなことにならなくていい。

謎がきちんと解けるまで、次のページを決して開かないという強い意志は必要

開いちゃうと、謎を解かなくても次にどこに行けばいいかわかるので、時短にはなるけど、謎解きで謎を解かないのもつまんないので、やいのやいのいいながら謎をといた。

 

明治村は、広くて、自然が一杯で、雰囲気のあるお屋敷や教会、立派な橋とか灯台とか、ともかく素敵な建築がたくさんあった

www.meijimura.com

なので、そこを、散歩するのはとても気持ちが良くて楽しいことだった。

しかも目的のない散策ではなくて、一応、殺人事件の捜査、というごっこ遊びをしながらなのでうきうきもひとしおだ。

私は友人と二人で行ったが、ふたりとも地図にめっぽう弱くて、特に高低差が苦手だったので、屋敷の姿は見えども一向に近づけず、といった事態も起きたが、それもまた楽しかった。

 

明治村は、山なので、高低差がすごい。スニーカー必須だった。

坂を登っておりでまた登り、さっき通り過ぎた建物をもう一度探索するなどしていたので、精神は高揚するが体力はめっちゃ奪われる。

しかし、いい塩梅に、村のここかしこにはカフェがある。

ひき肉のコロッケーを食べながら歩いたり、電気ブランで喉を潤すなどした。捜査の途中なのに酔っ払ったがそれはそれ。

昼頃になると、雨がざあざあ降ってきて台風が本領を発揮してきたので、急ぎ足で捜査を続けた。

傘をさしているせいで、証拠品が見つかりにくかったりと、台風の日ならではの困難もあった。そもそも足場がどんどん悪くなっていく。

もう、ホームズたちと一緒に捜査をしているような気持ちだから、「こんな雨の日に捜査なんて、ホームズめっちゃたいへんやな」と友達と励まし合った。

ゲームだと現場間の移動ってカーソルで選択するだけだから、実際にあるき回りながら謎を解いていると、次の現場は○○だ!ってわかると「嬉しい!」って気持ちと「めっちゃ遠いわ!」っていう気持ちが同時に沸き上がって新鮮だった。

とってもリアル。探偵って体力勝負だ。

後半、急がなきゃ!みたいな場面があって、実際のところは、リアルタイム進行ではないので、急ぐ必要はまったくないんだけど、友達も私も気が急いてしまって、現場に急行した。

没頭感を作るのがとってもお上手。さすがSCRAPさんやで。

結局、謎は無事に解けて、裁判官に証拠品を「喰らえ!」と突きつけると、「判決を言い渡す」って言ってくれて「無罪」のスタンプを押してもらえた。とてもうれしい。

ホームズコースのエンディングの冊子ももらえて大団円!って気持ちだった

 

しかし、「成歩堂コースはクリアしましたか?」と聞かれた。我々が???と思っていると、成歩堂コースとホームズコース両方クリアした人には合同エンディングがもらえるということがわかった

 

我々、ホームズコースを2時間半から3時間程度で終わらせたのでわりと優秀だったが、脱出ゲーム終了時間まではもう1時間くらいしかなかった。

1時間での攻略はとてもむずかしい、と係の人が教えてくれたので、断腸の思いで断念した。

見たかった!!!成歩堂コースのストーリーと!!共通エンディングを!!!

 

まあ、一瞬がっかりしたけど、明治村は1時間でも十分楽しい。

イカラ衣装館で明治時代風ドレスを着て写真を撮りまくり、夏目漱石の栗蒸羊羹!を食べて、直通バスで名古屋まで帰った。

 

翌日、台風の影響により、乗車予定だった近鉄特急がなくなり、新幹線に飛び乗ることで無事に帰宅できました。新幹線動いてくれてありがとう。

H29.2.5 刀剣乱舞花丸 スペシャルイベント

2017年2月5日(日)幕張メッセ 国際展示場 7・8ホール

刀剣乱舞花丸 スペシャルイベントに行ってきた。

楽しかったなあという気持ちだけを残して、記憶がどんどん薄れていっているので思い出しながら書く。(現在は2017年12月3日)

 

 

幕張メッセってどこなんだろう?というレベルではあったが、刀剣乱舞花丸にはたいへん楽しい思いをさせてもらったので、スペシャルなイベントがあるならぜひ行きたい。

自力での当選は叶わなかったが、昼の部も夜の部も同行で連れて行っていただいた。

 

2月4日に前入り。関西国際空港からピーチに搭乗、成田空港から直通バスで幕張メッセへ。会場近くのホテルフランクスに宿泊。近くて安くて部屋も綺麗。次回幕張メッセに用事があるときもぜひ利用したい。

前日物販があったため、パンフレット、缶バッジ、ペンライトを入手。物販ホールの一部がトレーディングスペースとして開放されており、女の子たちが、床に座って、缶バッジとアクリルキーホルダーを並べていた。フリーマーケットみたいだなって思った。

幕張メッセの近くで遊べるところはアウトレットくらいしか見つけられなかったので、おとなしくホテルに帰って、電子書籍有栖川有栖の新刊を読んで過ごす。電子書籍とても便利。本棚まるっと持って移動できる。

 

2月5日、同行者さんと待ち合わせて入場。最初の印象は「アリーナ席しかないコンサート会場みたいだ!」だった。

傾斜のない床に、見渡す限りホールいっぱいに、ずらりとパイプ椅子が並んでいて、一段高いところに舞台が組んである。

声優さんのイベントだから、声が聞こえればそれで大満足なのでいいんだけど、もし、肉眼で顔が見たいとおもったら最前列に行くしかないなと思った。

大きなモニターがあるので、表情は映像でご確認くださいってことなんだと思う

開演までとてもどきどきしたけど、同行者さんが色々お話してくださってたすかった。花丸面白かったですねって話ができるのはとてもとてもうれしいことだった。

夜の部の同行者さんには、昨今の刀剣男士トレーディング相場について教えていただいた。株式相場みたいですごくおもしろかった。

 

花丸イベントは声優さんのイベントだった。

つまりキャラではなくて、声優さんが、パネルトークをいろいろしてくださった。

セクシーなポーズをとってみたり、気の利いた台詞をアドリブで言ったり、印象に残った場面について語ったりしていた。

あのキャラクターを演じている声優さんは、こういう面白いことをする人なんだな、とか、そういうことがわかる機会だった。

 

印象に残った点を散漫に書く

・増田さん(加州)と市来さん(安定)がOPとEDを歌って踊った。わたしたちはサイリウムを振った。

・佐藤さん(燭台切)と新垣さん(長谷部)が、うどんの歌を歌った。昼の部では退場時に新垣さんが「アンコールアンコール」と客席を煽り墓穴をほったので、佐藤さんが「どうしてそんなことするの!?」って言っていて可愛かった。

・夜の部では、歌の途中で、長谷部のうどんではなく、燭台切のうどんだということに新垣さんが気がついて、佐藤さんが「今!?」って言ってた。

・うどんの歌、ふんふんふんふふんふ♪のコールアンドレスポンスがあった。客席はみんなで歌った。燭台切が「主たちよく知ってるね!」と褒めてくれた

・鳥海さん(三日月)がいつも面白いことをしていて、佐藤さんと新垣さんが頑張って止める、という構図になっていておもしろかった

・浅利さんが、平野の声をやるときはシャキッと背筋を伸ばしてお芝居してて、明石の声をやるときはだらりとやる気のない姿勢をしていたのが印象的だった

・夜の部で、歌仙と三日月がコーナーの司会をやる、という段取りのときに、石川さんが立ち位置を間違えて、鳥海さんが正しい立ち位置から手招きする、という場面があったけれど、すっごく三日月っぽいなって思った。

・声優さんたちは、うまく、キャラクターぽいやりとりができるタイミングを、お互いに作り合っていたので、プロってすげーなーと思って見ていた。増田さんと市来さんはかるく言い合いしたりしてた。

サイリウムを振るのはとても楽しかった。興津さん(蜂須賀)の掛け声に合わせて、黄色のサイリウムを掲げたりした。応援ってとても楽しい。

・大人の男の人たちがわちゃわちゃと無理難題をこなしたりかっこよい台詞をいったり、ときどきキャラクターのお芝居をしてくれたりするイベントだった。

 

沢山の人と一緒の空間にいて、好きだーっていう気持ちとともに、わー!って盛り上がるのとても楽しかったです

 

おしまい!